珪藻土バスマットの使い心地とメリット・デメリット

投稿日:2017年9月25日 更新日:

最近よく見かける珪藻土バスマット。
珪藻土とは藻類の一種である珪藻の殻の化石です。
珪藻土には小さい孔がたくさんあり、そこから水分を吸収・放出してくれるので、吸湿性・乾燥性にすぐれています。
そして、それがバスマットとして加工されたのが珪藻土バスマット。
私も前から興味があったので、お試しで購入してみました。
使い心地ですが、やはり吸水力がすごかったです。
また、珪藻土バスマットのメリット・デメリットも調べてみたので、ご紹介します。




クリックして頂けるとうれしいですm(_ _)m
↓↓↓

今までのバスマットの使い心地

今までは速乾の繊維を使ったバスマットを使っていましたが、他の家族が使った後にバスマットの上に乗ると、じわっと濡れている感触があり、いつも不快でした。

また、分厚い滑り止めの生地がついているので、他の洗濯物より乾きにくく、洗濯槽の中で結構場所を取るので、一日の洗濯回数が1回で終わらないのがストレスでした。

もっと薄手で乾きやすいタオル地のバスマットも検討したのですが、洗い替えに最低2枚は必要…。でも、珪藻土バスマットなら1枚分の値段でしかも洗濯不用…と色々考えた末、珪藻土バスマットを購入してみることにしました。

珪藻土バスマットを購入する…使い心地

珪藻土バスマットが届きました!

こんな感じで届いた

シンプルにプチプチの梱包材に包まれています。カラーはホワイトだと思ったら、グレーでしたが、特に問題はありません。

破損防止のプチプチに包まれている

オマケでお手入れ用のやすりがついていました。

注意書きとオマケのお手入れ用やすりが付属。

最初は珪藻土の白い粉が結構つきます。使い始めは布でふき取っておく方がいいかもしれません。

さわると白い粉がつく。

使い心地ですが、濡れた足で乗ったそばから吸い付くような感じで水分が吸収されていきます。足の裏の皮まで吸い込まれていくような不思議な感覚です。そしてすぐサラサラに。

最初は足の裏に粉が付く?と気になったのですが、足の裏を確認しても何もついていないし、慣れると気にならなくなりました。

何より主人と息子がお風呂に入った後にバスマットを使っても、足の裏がサラッサラで気持ちが良いのがいいです。

そして、バスマットを洗濯しなくて良くなったので、他の洗濯物を入れるスペースができて、洗濯回数が減ったのが良かったです。これも大きい。

また、普段のお手入れは、夏場は週一回ほどの陰干し(冬場は3日に1回)、ほこりなどの硬く絞った布で拭きます。

私はほこりや小さいゴミが目につくと、さっと雑巾ではらうように拭き、使用後は一応毎日壁に立てかけています。

珪藻土バスマットの使用上の注意

「直射日光」、「天日干し」、「界面活性剤」、「床暖房」禁止と注意書きがありました。

直射日光に当てると反ったり、ひび割れしそうですね。
また、洗剤で洗うと、界面活性剤が珪藻土の孔に入り込んで、吸水の効果がなくなってしまうようです。
床暖房がダメということですが、熱で反りかえってしまうということでしょうか。

珪藻土バスマットのデメリット

しかしながら、洗わなくてよい、手入れが楽という珪藻土のバスマット、いいことばかりではありません。
まず、寒がりの主人に「足の裏がひんやりする、冬はつらいかも」と指摘されました。
確かに、寒くなるとかなりバスマットが冷たく感じそうです。
寒い時期はタオルなどを敷いた方がよさそうです。

また、割れる、カビが生えるというレビューも目にします。
カビはやすりで削るときれいになるそうです。でも、カビはイヤですね~^^;。生えないようにやはり毎日立てかけておこうと思います…。

割れるのは、バスマットを置く場所に段差があると割れやすいようです。もし廃棄するときは細かく割って燃えないゴミで処分ですかね。
今のところ、うちは割れそうな兆しはなく、大丈夫そうです。
もし早期に割れると結構ショックですね。

洗わないので、雑菌の繁殖を気にする方もいるようですし、カビや割れの不安もありますが、私は濡れたバスマットを踏まなくていいのと、洗濯が楽になったということで、今のところは使い心地がいいので、長く使えたらいいなと思っています。

バスマット 人気ランキング>>

バスマット 売れ筋ランキング>>

にほんブログ村テーマ ポチった物→届いたらレポ♪へ
ポチった物→届いたらレポ♪

にほんブログ村テーマ ステキ雑貨、買いました♪へ
ステキ雑貨、買いました♪

follow us in feedly

336

336

-バス・サニタリー, MY DIARY
-

サイト内検索

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ

楽天クラッチ募金
ヤフーネット募金
日本赤十字社

RSS
follow us in feedly