製作途中だったビーズバッグを20年ぶりに完成!&本日6/26(火)20:00よりお買い物マラソンです。

投稿日:

20年ぶりに完成させたビーズバッグ

もう20年以上しまい込んでいた、手作りのビーズバッグをやっと完成させました…。

箱の中に収納したまま、ずっと気になっていましたが、やっと重い腰を上げて作り上げることができました。

※本日、6/26(火)20:00より楽天お買い物マラソンが始まります!




20年以上放置されていた製作途中のバッグ

こちらのバッグは型紙と布とビーズが入ったキットで、20年以上前に一目ぼれして購入したものです。

途中まではりきって作っていたのですが、どういうわけか急にやる気をなくしてそのまま放置していました。

製作途中のビーズバッグ

手芸用品のお店、ホビーラホビーレさんのキットです。
どの商品も可愛いですよ。

納戸の中を整理するたびに、この製作途中のバッグが目に入り、「いつかは作ろう」と思いながら捨てることもできず20数年の歳月がたってしまいました^^;。

いい加減、処分すればいいものを、当時頑張って縫い付けたビーズの刺繍を見るたびに、勿体なくて、思いきれませんでした。

でも、いつまでも置いておいても仕方がない、完成させよう!と決心しました。

持ち手をつけたビーズのバッグ

取り出してみると、バッグの本体部分はほぼ出来ていて、あとは持ち手を作るだけでした。

多分、持ち手部分の手縫いの作業が結構時間がかかりそうで、面倒になってしまったのだと思われます。

日曜の午後から始め、指に針を刺したりしながら、夜には何とか完成させました。

ビーズの内部が少し黒く変色してしまっているのが、時の流れを感じさせます^^;。

ビーズの内部が変色してしまった

最後に手洗いをして、乾燥させました。

記念にしばらく飾り、ちょっとした外出に使おうと思います。

しばらく飾ってから使うことにしたビーズのバッグ

昔はよく趣味で手芸品を作っていた

振り返ると、10代後半から20代の頃は、手芸に凝っていて、よく手芸キットを購入したり、簡単な編み物などをしていました。

10年ほど前にNHKの番組で紹介していたアラン編みのマフラーがすごくかわいくて、はりきって編んだこともあります(今は全くやる気が起きない)…。

当時は夢中になって作っていたアラン編みのセーター

製作途中のバッグを収納していた箱には編み物のセットと20数年の時を経た毛糸も一緒に入っていました。
こちらも不要な毛糸は処分し、現在は編み棒ときれいな毛糸一玉のみ残しています。

編み棒と毛糸一玉だけは保管している

ビーズアクセサリー作りに凝っていたこともありました。
今もいくつか未使用のビーズを保管しています。

当時は夢中で作っていたビーズアクセサリー

これらの趣味をまた再開するかどうかと考えると、その可能性は限りなく低いです。

でも、全てをすっぱり処分できない自分もいます…。

このことから得た教訓

今回、製作途中のバッグを完成まで作った感想は、「とても疲れた…」のひと言です。

編み物やアクセサリー製作など、当時、趣味に注いでいた情熱はもう二度と帰ってこないと思います。

このことで得た教訓は「いつかやる、はもう来ない」です。
あくまで私の例ですが…。

また、趣味の物を途中でやる気がなくなっても、「とりあえず完成させる」ことですね。

製作途中の作品を保管するのは場所も取りますし、見るたびに自己嫌悪に陥ります。

じつは、カリグラフィーの教材の箱もずっと未使用のまま屋根裏に保管していて、処分できずにいます(教材もビデオテープだし^^;)。

こちらはもう少し時間の経過が必要なようです…。



follow us in feedly

336

336

-MY DIARY

サイト内検索