モバイルバッテリーを購入&ガラケーにも充電できて便利でした。

投稿日:2018年10月9日 更新日:

モバイルバッテリーの使い方とガラケーへの充電方法

モバイルバッテリーの使い方とガラケーへの充電方法

防災のことを考え、モバイルバッテリーを購入しました。

とはいえ、私はガラケー持ちということもあり、最初はどうやって本体に充電するのか?とか接続するケーブルの種類は?と基本的な使い方さえ全くわかっていませんでした。

そこで、モバイルバッテリーの使い方について調べたこと、ガラケーにも充電できる方法をご紹介します。




近年の自然災害の多さにモバイルバッテリーの購入を考える

モバイルバッテリーはコンセントがなくても、スマホやiPhoneに充電することができ、持ち運びができるバッテリーです。

わが家は2018年現在、モバイルバッテリーを持っていませんでした^^;。

私のガラケーは、一度充電すると5~6日は持ってくれますが、主人のiPhoneは一日使用するともうバッテリーが残りわずかになります。

ここ近年は台風や地震も多く、急な停電や出かけた先で自然災害にあわないとも限りません。

そこで、人気が高く、手ごろな金額のモバイルバッテリーを購入してみました。

モバイルバッテリーの使い方

わが家のモバイルバッテリーは下記のものにしました。

持ち歩くのになるべく軽く、そこそこ大容量です。

重さが170g、バッテリー容量が約10,000mAhあります。

購入したモバイルバッテリー

購入したモバイルバッテリー

モバイルバッテリーからスマホへ充電する方法

こちらのモバイルバッテリーは、iPhone用(Lightning)ケーブルとandroid用(microUSB)ケーブルが内蔵されているので、そこから直接スマホに充電することができます。

付属の充電ケーブルからスマホへ充電

付属の充電ケーブルからスマホへ充電

他にもiPhone/TypeC、TypeC/MicroUSBと、別の種類のケーブルが内蔵されたモバイルバッテリーもあります。

スマホの種類によって対応する端子も違いますので、購入される時はご自分のスマホをよくチェックなさって下さい。

Lightning端子:iPhoneやiPad用。形が平たい
microUSB端子:android用。一番多く使用されている。台形に近い形
TypeC:android用。ここ近年で急速に普及。上下左右が同じ形

Lightning端子、microUSB端子、Type-C端子

Lightning端子、microUSB端子、Type-C端子

内蔵ケーブルから以外の充電方法は、「Output」と書かれた出力ポートから、USBケーブルを差し込んで、スマホやiPadへ充電します。

モバイルバッテリーからUSBケーブルでスマホ、iPadへ充電

モバイルバッテリーからUSBケーブルでスマホ、iPadへ充電

スマホの種類に対応したUSBケーブルが必要ですが、Lightning(iPhone)、microUSB(android)、Type-C(android)の端子がついたマルチケーブルがあれば便利だと思います。

わが家にもひとつあります。

モバイルバッテリー本体への充電方法

モバイルバッテリー本体への充電方法は二つあり、「Light in」、「Micro in」と書かれた入力ポートに端子を差し込んで行います。

こちらの商品はLightning端子かmicroUSB端子のUSBケーブルが使用できます。

①パソコンから充電
モバイルバッテリーにUSBケーブルとパソコンをつないで充電します。しかし、こちらの方法は充電にかなり時間がかかってしまうので、おすすめしません。

パソコンからモバイルバッテリーへ充電

パソコンからモバイルバッテリーへ充電

②コンセントから充電
二つ目の方法は、モバイルバッテリーにUSBケーブルとACアダプターをつないでコンセントから充電します。

ACアダプターがない場合は、購入しておけば旅行先でも使えて便利です。

ACアダプター、USBケーブルからモバイルバッテリーへ充電

ACアダプター、USBケーブルからモバイルバッテリーへ充電

※ちなみに、このモバイルバッテリーはiPhoneやスマホキャリア純正のACアダプターを使用すると故障する恐れがあるそうですので、ご注意ください。

使い方まとめ

モバイルバッテリーの使い方を簡単にまとめると、下記になります。

スマホへの充電:
①左右の充電ケーブル(これがないモバイルバッテリーもあります)から直接スマホへ充電
②出力ポート(Output)にUSBケーブルをつないでスマホに充電

モバイルバッテリーへの充電:
③入力ポート(Input)にUSBケーブルとACアダプターを繋いでコンセント充電
④入力ポート(Input)にUSBケーブルとパソコンを繋いで充電(おすすめしません)

モバイルバッテリーの使い方、充電方法

モバイルバッテリーの使い方、充電方法

モバイルバッテリーの容量と重量について

モバイルバッテリーの商品説明でよく見かける「○○○mAh」ですが、これはmAh(ミリアンペアアワー)と読み、モバイルバッテリーの容量を表しています。

ただ、10,000mAhのモバイルバッテリーといっても、10,000の数字をそのまま充電できるわけではなく、電力の消費によって約7000mAh分を充電できるようです。

お持ちの携帯電話のバッテリー容量がわかれば、何回充電できるかわかるかと思います。

また、モバイルバッテリーの容量が大きくなると、その分重量も増えますので、その点も考慮した方がいいかと思います。

10,000mAhのモバイルバッテリーですと、重量は180~230g前後の商品が多いです。

モバイルバッテリーからガラケーに充電する方法

ガラケー用のソーラー充電器

冒頭にも書いたように、私はガラケーを使用しています。

一応停電時の備えとしてソーラー充電器を持っていますが、これだけでは非常時には不安ですし、同じような商品はもう販売されていません。

そこで、モバイルバッテリーからも充電できる変換アダプタを探して購入しました。

Lightning、iPhone4、ガラケー(au、docomo)、microUSBが使える変換アダプタ

こちらはマイクロUSBケーブルと、4種類のコネクタ(iphone4、Lightning、docomo-FOMA、au-CDMA)が付いた変換アダプタのセットです。

テストしてみると、ちゃんとモバイルバッテリーからガラケーへ充電できました。
これで、非常時にも安心です。

変換アダプタを使ってモバイルバッテリーからガラケーに充電できた

停電によるスマホやガラケーの充電切れの怖さから、モバイルバッテリーを購入してみましたが、使い方について詳しく知り、いざという時のための心の準備ができて良かったと思います。



follow us in feedly

336

336

-MY DIARY
-

サイト内検索

error: Content is protected !!