わが家のステンレス製水切りかご。使わない生活から現在まで。

投稿日:

わが家のステンレス製水切りかご。使わない生活から現在まで。

キッチンで食器を洗った後は水を切るための一時的な置き場が必要ですね。

ご自宅に食洗機があれば、そこにそのまま入れれば良いですが、ない場合はどうするか。

わが家は20年の紆余曲折?を経て、現在はステンレスの水切りかごに落ち着きました。

今までたどってきたわが家の食器の水切りの変遷と、現在使用している水切りかごについてご紹介します。




最初は水切りかごを使用していなかった

結婚当初は家族は二人で、使用する食器も少なかったので、特に水切りかごを必要としていませんでした。というより、キッチンが小さく水切りかごを置くスペースがありませんでした。

当時は食器を洗った後は水気をよく切って、シンク横のスペースに積み上げ、すぐ食器を拭いて食器棚に片づけ、最後にシンク上の水気を拭きあげて終了していました。

水切りかごを使わない頃は洗った食器をシンクの上に置いていった

家族が増え水切りトレイや水切りマットを使うようになった

その後、家族も増えたので、洗う食器も増えていき、すぐに拭いて食器棚にしまう行為に無理がでてきました。

食器拭きのクロスもすぐにびしょびしょに塗れてしまうので、クロスが複数必要になり、少し面倒になってきました。

その頃には、もう少し広いキッチンの家に引っ越していたので、この時初めて濡れた食器を一時的に置くための水切りかごを検討するようになりました。

わが家で使用していた水切りトレイとそのメリット

ただ、当時住んでいたキッチンは水切りかごを置くには十分な広さはなかったため、スリムサイズの水切りトレイにしました。

当時使用していたスリムサイズの水切りトレイ

こちらはリバーシブルで使え、排水が直接シンクに流れていき、また吊るして収納できるのが便利で長年使用していました。

吊るせるタイプの水切りトレイ

水切りトレイのデメリット

デメリットとしては、毎日こまめに洗わないと、スリットの部分に赤カビが生えやすいことです。

ですので、よく漂白していた覚えがあります^^;。

あとは、まあまあ場所を取りますので、吊るすスペースの確保が必要です。

わが家で使用していた水切りマットとそのメリット

水切りトレイのみでは食器を全部置けない時は水切りマットも併用していました。

水切りマットは、当時はやっていたキッチンワイプや、乾きが早いキッチンマットをよく使っていました。

マットも場所を取らず、洗ってつるしておけるのが良かったです。

水切りマットのデメリット

デメリットとしては、こまめに水切りマットを洗わなければいけないこと、また、何時間も食器を置いたままにしていると、しめっぽいマットとその上に置いている食器が不衛生かな…と気になっていたことです。

食器をすぐに片付けられ、こまめにマットを洗うことが苦ではない場合は、場所も取らないし、一番良い方法かと思います。

現在使用しているステンレスの水切りかご

そして現在は、水受けのトレイを置かなくて良いように、シンクの上に渡せる水切りかごを使用しています。

わが家で使用しているステンレスの水切りかご

わが家は洗う必要のある食器が日中こまめに出てくるので、少し大きめの水切りかごを置いておく方が便利だということに思い至りました。

3年位前に、私の誕生日にこのケユカの水切りかごを主人に買ってもらいました。

水切りかごの付属パーツが便利

水切りかごの他に、オプションパーツのカトラリーポケット、グラススタンド、まな板受け、ふきんかけも一緒に購入してもらいました。

これらのパーツがあると、本当に便利です。

場所を取るまな板も洗ってそのまま置いておけますし、グラススタンドも家族分のコップを置いておけば、息子も勝手にコップを使ってくれます。
(自分で洗ってまたスタンドに置いていてくれるとなおいいですが…)

ふきんかけも、漂白後、かけて乾かしておけるので便利です。

ケユカの水切りかごは付属パーツが充実していて便利

また、グラススタンドが思いがけず包丁ホルダーになっています。

水切りかごを購入して間もなく、主人がいつの間にかグラススタンドに包丁を刺し込んでいて、包丁の収納場所として定着してしまいました^^;。

包丁ホルダーになってしまったグラススタンド

現在の食器洗い後の流れ

現在は、水切りかごに洗った食器を置き、ある程度乾かしてからキッチンクロスで拭きあげて食器棚にしまっています。

疲れた日は朝までそのまま置いていることもありますが、キッチンマットを使用していた時よりは不衛生さを感じることは少ないです。

ただ、カトラリースタンドは底に水気がたまるので、お箸などのカビの防止のためカトラリー類は必ずその日に拭いてしまうようにしています。

お箸などの木製カトラリーは、洗ったらなるべく早く拭くようにしている

また、カトラリースタンドなどのパーツ類は、ふきんを酸素系漂白剤でつけ置きする時に一緒につけておき、後でざっと洗っています。

また、食器洗いスポンジを洗った後、セリアのハンギングステンレスピンチではさんで水切りかごに干しておけるので便利です。

食器洗いスポンジはステンレスピンチにはさんで水切りかごにかけて乾かしておく

水切りかごのデメリット

水切りかごのデメリットは、結構場所を取ることと、ステンレスなので、こまめに水気を拭かないと、白い水垢がつきやすいことでしょうか。

場所を取ることに関しては、今はスリムタイプのものや、シンクの上に設置できるものがありますので、どうしても水切りかごが使いたい場合は探してみてもいいですね。

水垢ですが、私は最初はろくに手入れをしなかったので、水切りかごの継ぎ目にしっかり水垢がついてしまいました(いつか茂木和哉できれいにしたいです)…。

ですので、それ以後水滴はこまめに拭くようにしています。

ステンレス製の水切りかごは水垢が付かないようにこまめに拭く必要がある

私は、ケユカの水切りかごで満足していますが、もっと機能的な水切りラックや水切りかごも出てきているのではないかと思います。

水切りラック 人気ランキング>>

まとめ

洗った後の食器置き場をどうするかは、大まかに分けると「何も敷かない」「キッチンマット」「キッチントレイ」「水切りかご」になるかと思います。

どれもメリット・デメリットがありますが、ご自宅のキッチンのスペースや生活スタイル、ご自分がラクだと思う方法で選んでいくのがいいかと思います。

ご参考になれば幸いです。



follow us in feedly

336

336

-キッチン, MY DIARY
-

サイト内検索