台拭きはやはり白雪ふきんが一番使い心地がいいです。

投稿日:2019年4月25日 更新日:

台拭きは白雪ふきんが使い心地がいいです。

数ヶ月前から『白雪ふきん』を使用しています。

今まではドラッグストアで購入したマイクロファイバーのふきんを使用したりしていましたが、今後は白雪ふきんに統一しようと思い、購入しました。

やはり、手触りや拭きやすさ、乾きやすさなど、いい所がたくさんありますので、ご紹介します。

ふきん ランキング>>




白雪ふきんは引っ越しの挨拶でよく頂いていた

白雪ふきんは、ご近所に新しく引っ越してきた方が、よくご挨拶の品として持ってこられましたし、私も頂くと、とても嬉しかったです。

過去に柄入りのものを2回ほど頂いて、最後に残って古くなった一枚は、現在ぞうきんとして使用しています。

古くなり、ぞうきんになった白雪ふきん

使っていた時の感想は、程よい厚みで、拭きやすく、洗ったあとも絞りやすく、そして乾きやすいです。

そして、これは個人的な感覚なのですが、蚊帳生地だからなのか、何といっても手に触れた感触が心地良いいです。

マイクロファイバーも悪くはないのですが、どうも私の使っていたものは、使ううちに水分を吸いにくくなってきて、少しストレスを感じていたので、今後は白雪ふきんを使い続けていこうと思い、購入することにしました。

今回購入した白雪ふきんは白無地

購入した白雪ふきんです。
今後は無地の白いものを使っていこうと思っています。

白雪ふきん 白無地

糊がついているので、使う前にぬるま湯で洗います。

白雪ふきんは使い初めは糊をぬるま湯で落とす

洗った後は、こんな風にふんわりします。

新品の白雪ふきんは古くなったものより、触り心地がしっかりした感じですが、長く使い込むと同じようにやわらかくなっていくのだろうと思います。

白雪ふきん 糊を落とした後

余分な水分を吸ってくれるので、テーブルをすっきり拭き上げることができ、汚れがついても落ちやすいです。

白雪ふきんはきれいにテーブルを拭き上げられる。

白雪ふきんと花ふきんの比較

ちなみにわが家は食器拭きのクロスとして、中川政七商店の花ふきんを使っています。

わが家の食器拭きは中川政七商店の花ふきんを使用しています。

よく、どちらのふきんがいいのか、調べている方が多いようです。

どちらのふきんも蚊帳生地が使われていますが、素材が少し違っていて、白雪ふきんの素材は、綿50%・レーヨン50%、花ふきんは綿100%(「麻」を除く)で作られています。

左が白雪ふきん、右が花ふきん

また、白雪ふきんのサイズは約30×35cmで8枚重ね、花ふきんは約58×58cmで2枚重ねです。

花ふきんは薄いので、折りたためば台拭きとしても使えます。

左が白雪ふきん、右が花ふきん たたむと同じくらいの大きさ

手触りはふたつとも同じくらい心地良く、拭きやすさも同じくらいなので、どちらが優れている、というわけではないように思います。

私の場合は、台拭きは普段は水切りかごのふきんかけにかけておくので、白雪ふきんの方が使い勝手が良く、食器拭きは生地の重ねが薄い分、乾きがいいので花ふきんを使っています。

白雪ふきんは水切りかごのふきん掛けにかけている。

両者の大きな違いは、大きさと重ねの枚数なので、好みでどちらかを選んだり、両方購入して用途ごとに使い分けてもいいと思います。

これらのふきんも古くなったら、いずれはシンクの拭き上げ用、ぞうきん、と最後まで使っていきたいと思います。

ふきん ランキング>>

購入品やおすすめ品を載せています



follow us in feedly

336

336

-キッチン, MY DIARY
-,

サイト内検索