わが家で使用しているセリアの地震対策グッズをご紹介します。

投稿日:2018年6月20日 更新日:

100均のセリアで購入した地震対策グッズ

6月18日の朝に大阪で大きな地震がありましたね。
被害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。

震源地に比較的近い場所に住んでいる親戚は、家具等は倒れなかったものの、家が倒壊するかも…と思う位揺れたそうです。

実家の方に様子をきいてみると、震源地から離れていた地域でもあり、特に大きな被害はなかったようでしたが、テレビが倒れそうになり、とても怖い思いをしたようです。

もうどこで地震が起こってもおかしくないですね…。
地震が起こった時のための備えや対策をいつも考えておくことが必要です。

わが家でも100均セリアなどで購入した商品で地震対策をしています。
簡単ですが、ご紹介します。




家具の地震対策:転倒防止板、固定グッズ

ご自宅に大きな家具がある場合の転倒防止対策は必須ですね。

わが家もリビングボードや食器棚、本棚などの重くて高さのある家具の下に転倒防止板を敷いています。

初めて転倒防止板を購入した時は、まだ100均で販売されていなかった頃なので、ホームセンターなどで「ふんばるくん」を購入しました。

60cm、90cm、120cmのサイズがあります。

わが家の本棚と食器棚などに設置しています。

本棚には転倒防止板「ふんばるくん」を設置している

最近はセリアなど100均で転倒防止板が販売されるようになって便利になりました。

セリアにはSとLの2サイズが販売されています。

わが家ではSサイズはキッチンのスチール棚に、Lサイズはリビングボードに2つずつ設置しています。

キッチンのスチール棚にはセリアで購入した転倒防止板Sを敷いている

リビングボードにはセリアで購入した転倒防止板Lを敷いている

ただ、転倒防止板だけだと、震度6以上の地震が来た時には心配です。

ですので、背の高い冷蔵庫やガラスの食器棚には「ガムロック」という商品を設置しています。

こちらはネジを使わないで、壁と家具に簡単に貼れます。
※壁面の形状により剥がれてしまう場合もあるそうです。

冷蔵庫に『ガムロック』を付けて壁に固定している

食器棚に『ガムロック』を付けて壁に固定している

楽天市場:家具の転倒防止グッズ>>

テレビや置物の地震対策:ジェル状の防振粘着マット

家具の他にも、テレビや置物が地震で下に落ちてしまう心配がありますね。

わが家も落下防止のため、セリアで購入した防振粘着マットを使用しています。

100均のセリアで購入した防振粘着マット

防振粘着マットのサイズは
1枚入り(70×70×H5mm)、2枚入り(50×50×H5mm)、4枚入り(40×40×H3mm)、6枚入り(25×25×H3mm)のサイズがあります。

わが家は4枚入りをテレビの底に貼り、6枚入りを置き時計や家電の脚、金魚の水槽などに敷いています。

セリアで購入した防振粘着マットを置き時計の底に貼り固定している

キッチンの地震対策

食器棚のガラスに飛散防止シート、棚にすべり止めシートを付ける

わが家には大きなガラス窓のついた食器棚がありますが、ガラス部分には「ガラス飛散防止シート」をつけています。

棚の部分は食器が揺れで前方にすべらないように、セリアで購入した「すべり止めシート」を敷いています。

食器棚にセリアのすべり止めシートを敷いている

また、このすべり止めシートは小さく切って防振粘着マットをつけていない小物の下にも敷いています。

食器棚の開き戸には耐震ラッチがついていないので、地震の際に揺れで扉が開かないように、息子が赤ちゃんの時に購入した「いたずら防止ストッパー」を付けています。

見栄えがあまり良くないのですが^^;、もしものために設置しています。

食器棚の開き戸に地震対策としてセリアの『いたずら防止ストッパー』を付けている

なるべく背の高い家具を置かないようにする

わが家はあまり食器を所有していない、ということもあるのですが、背の高い食器棚やキッチンボードはありません。

賃貸なのでまた引っ越しをする可能性があり、移動を楽にしたいことと、やはり大きな地震がきた時が怖いので、なるべく背の低い家具を選びました。

キッチンはなるべく背が低い家具を置いている

キッチン家電の脚にはそれぞれ底に小さい防振粘着マットをつけています。
ベタベタくっついて掃除がしづらいのですが、もしもの時のためには仕方がないかな、と思っています。

食器はなるべく低い位置に置くか、耐震ラッチがあると安心

以前はあまり使用していない食器類や花瓶などはシンク上の棚に収納していましたが、落下が怖いので、シンク下の引き出しに収納しました。

現在のシンク上には、落ちてきても割れない、頭の上に落ちても大けがをしないものを収納しています。

あまり使わない食器類はシンク下の低い引き出しに移動した

しかし、一応わが家のシンク上の棚には耐震ラッチがついていて、以前地震があった時にはちゃんと稼働してくれて扉が開かなくなっていました。
※再び扉を開けたい時は、扉の上部を強く押すと、耐震ラッチが解除されて開きます。

耐震ラッチがあると、少しは安心かと思います。

シンク上の収納棚に標準装備されていた耐震ラッチ

ちなみに以前の住居にはシンク上の収納棚に耐震ラッチがついていなかったので、前述の「いたずら防止ストッパー」を付けていました。

わが家の地震対策をご紹介しましたが、これだけでは、まだまだ不備なところがあるかと思いますので、今後も何が必要か考え続けていきたいと思います。



follow us in feedly

336

336

-MY DIARY
-,

サイト内検索