ランドセルラックをニトリのカラーボックスで作りました。

投稿日:2018年8月12日 更新日:

ニトリのカラーボックスでランドセルラックを作りました。

一年ほど前にニトリのカラーボックスを二つ購入し、ランドセルラックとして使用しています。

小学生は夏休みなど学期末になると、持ち帰る学用品がとても多いですが、何とかこのカラーボックスに収めることができているので、ご紹介します。




以前までランドセルと教科書の収納は別々の部屋だった

息子は小学校から帰宅すると、自分の部屋には行かず、真っ先にリビングにくるので、リビングに白い大きなプラケースを置いて、ランドセルを収納するようにしていました。

以前ランドセルを収納していたケース

しかし、学期末になると、いつも小学校に置いている辞典や図工の道具などの学用品を持ち帰ってくるので、ケースの収納スペースからはみ出してしまい、夏休みや冬休みなどの期間には息子の部屋の床に直接置きっぱなしになっていました。

また、教科書類は息子の部屋の本棚に収納していたため、時間割をするときにわざわざ部屋まで行かねばならず、学用品が二つの部屋に分散されているので、忘れ物も多くなっていました。

そこで、小学校の物を一つにまとめて収納しようと考えました。

リビングにランドセルラックを置くことにした

本当は、小学校用品はすべて息子の部屋に置いておきたかったのですが、現在彼はリビングで一番長い時間を過ごしていて、あまり部屋には行かないので、今だけだ…と割り切ってリビングにランドセルラックを設置することにしました。

ランドセルラックと言っても、あまり費用はかけたくないので^^;、後々使いまわせそうなカラーボックスをニトリで購入しました。

こちらは、棚板の位置を変更できるのが便利です。

ニトリのカラーボックスは棚板の位置を変更できる

背面が二つ折りだったので少し驚きましたが、そんなにヤワではなさそうだし、背面は壁に付けるので、これで十分です。

わが家でのランドセルラックの使い方は下記になります。

<左側>
一番上の棚:ピアニカ、リコーダー、習字道具、クレヨンや色鉛筆などの画材、水彩道具、裁縫箱

真ん中の棚:教科書、予備のノート、音楽バッグ

一番下の棚:ランドセル
※ランドセルが重いので、三番目の棚に収納しています。

<右側>
一番上の棚:夏休みの宿題、筆記具、漢字辞典、国語辞典

真ん中の棚:自宅の本、図書館から借りた本、予備の文房具

一番下の棚:普段読んでいる本

わが家のランドセルラックの収納内容

ちなみに教科書はセリアのファイルボックスに収納し、ピータッチで作った教科名のシールを貼っています。

セリアのファイルボックスに教科書を収納している

収納しきれないバッグは側面の穴にフックをかけた

ニトリのカラーボックスには側面に5mm弱の穴が開いています。

自宅にフックとネジがあったのでためしに付けてみると、うまく設置できました。

自宅にあったフックとM4サイズのネジ

プールバッグや帽子をひっかけています。
ここにランドセルをかけても良さそうです。

側面にフックを付けてプールバックと帽子をかけている

オープンの棚にそのまま入れているので、あまり見栄えは良くないのですが、息子にとってはわかりやすくていいようです。

小学校用品を一か所にまとめることで、息子も以前より学校に行く用意がしやすくなり、忘れ物も減ったように思います。



follow us in feedly

336

336

-インテリア, MY DIARY
-,

サイト内検索